お金がなく付き合いも減った頃

大学までは親からアパート代も光熱費も、携帯電話料金も払ってもらってました。

 
その上生活費として5万円貰っていたので苦労してなくて、大学卒業してからは居酒屋の正社員となりました。
 

 

卒業したらもちろん親からの仕送りなんて当てにする気はなく、正社員だったので意外とお金は貰えたけどあまりの残業と重労働に加えて家と職場が離れていて交通手段も限られていたので生活はボロボロでした。

 

嫌気がさして一年で辞めてしまい、その後はしばらくはほとんど使う暇すらなかった正社員の頃の給料の貯金で何とかやれたんです。
でも半年過ぎて、働かなくちゃと探してファミレスのバイトとして採用されました。
 

ファミレスのバイトは時給も安いし、生活は本当にギリギリになりました。
 

食事もいつもあまり贅沢は出来ず、納豆と卵に頼りっぱなしの毎日でした。
 

風邪引いても診察代や薬代を払いたくないからと病院に行かないで仕事には行きました。
でも病院行ってないため長引くので辛かったです。
そして、たまの周りの人からの飲み会の誘いや昔の友人からのお茶の誘いも行きたくても生活費以外の余分なお金がないから行けませんでした。
 

いつも断るしかないから段々、誘われなくなったけど仕方なくて落ち込む毎日だったのを覚えています。

 

市内の実家に帰るのも、祖父母の家に行くのも帰るなら何か手土産とか持って行かないとならないと思って無理だから避けてました。
手土産持ってかないと、礼儀を知らないと言われるしお金がないからなんて言い訳通用しないから暇がないとしか言えませんでした。
 

それでもどうしても行かざるを得ない時には、人生初めての銀行カードローンで三万円ほどキャッシングしたことがあります。
 

それで遊ぶならまだ救われるけど、実家や姉の家に行くための手土産買うための代金に消えるのでとても虚しかったです。
今はサラリーマンの夫と結婚して安定してるのでお金の心配は落ち着いてますが、二度とそんな風にならないためにも少しずつ余裕があれば貯金しています。
 

たまに誰かとお茶する時に断らなくても良いように、備えているのです。

 

 

知らない人からお金を借りれる時代は人間が農作だけをしていた時代からあったことでしょう。

 

一時的に急な出費やお金が足りなくなることは誰しもが経験をすることです。

 

 

 

借金返済で困ったら上のサイトが非常に参考になると思いますよ。

 

 

振り返ってみるとお金で幸せは手に入れることができない。友人、家族、経験。これらは自分のスタート次第でいくらでもクリアできるんだろうなと。

 

こうした思考を手に入れるのにもお金よりも自分との時間との方が大切のようにも思える。

 

 

昔はパソコンが嫌いで学生時代にはかなり苦手な方だったけど、今でこそ得意になるなんて思いもしなかった。

 

 

あの年齢から考えるともうすぐこの業界も5年近くなんだろうか。

仕事を辞めた無職期間が一番貧困でした。

大学を卒業した後に就職した企業をわずか三ヶ月間の試用期間を経て退職しました。

 

事業内容に興味が持てなかったのと、同期と上司とも反りが合わなかったことが退職理由でした。たった三ヶ月間しか働かなかったために、貯金はわずかしか残っておりませんでした。

 

 

そして、次の就職先を探すために、資格を取ることに決めて予備校に通う生活をはじめました。学生生活に逆戻りです。その間は、親元で過ごせましたので、住む場所の確保には困りませんでした。

 

 

しかし、学費、生活費等は自分でまかなうしかありませんでした。月に自由に遣えるお金は2万円を切っていました。節約生活が始まりました。まず、外食は一切しませんでした。

 

 

食べるのは家の中にあるものだけにしました。アルバイトををする時間も全くないほどに学校の授業はカリキュラムが詰まっていたので、手元に残っているお金で過ごすしかなかったのです。

 

 

外で口にするものは水分のみ。家から水筒に水を入れて持っていっていました。また、どうしても小腹が空いた時は、家から持ってきていた一斤の食パンをかじっていました。そして、そのパサパサした生の食パンを水で流し込んで食事を取っていました。そんな生活を過ごしていると、毎月1万円近く貯金が出来ていたのです。

 

 

なんと月に1万で過ごせていたのです。

 

 

大学生時代は浪費に浪費を重ね、バイトで手にしたお金は全て衣類や、交際費、飲み会の費用などにすぐさま遣っていたのですが、月に一万円以内の出費で過ごせることを知りました。

 

 

勉強以外にすることをなかったので、お金を遣う暇がなかったといえばそれまでなのですが、この時の貧困節約生活のお陰で、お金を遣わない生き方に慣れました。いまでも、あまりお金を遣わずに過ごす習慣ができています。

他人にお金を貸すのは要注意!借金は人間関係を壊す

10年以上前、まだ私が独身の時の体験談です。同じ会社にいた先輩は、社内ではきっちりした仕事ぶりで信頼できる存在でした。

 

 

ある日、その先輩から営業中に自転車の高校生と接触事故を起こし、表沙汰にしたくないので20万で示談してもらい、お金が無いので一時的に貸してほしいと相談を受けました。独身でまだお金に余裕があった私は困っているのならと20万貸してあげました。

 

 

3か月後貸したお金はきちんと返済されました。それから1年、またその先輩から連絡があり、またお金を貸してほしいとの相談でした。

 

 

今度は退職して事業を始めたいと思っているとのことで、融資を受けるのにある程度の預金がないとお金を借りれず、一時的に口座にお金があることを通帳のコピーか何かを提出し証明するだけなので、融資を受けられたらすぐに返すとの話でした。

 

 

話を鵜呑みにしすぐに返してもらえるならと、100万のお金を渡し、1か月以内に返済するという借用書に署名し渡されました。

 

 

そして1月が経ち2月が経ち、連絡するも融資の手続きが遅れている等でついに4か月が経ちました。さすがにおかしいと思い、問い詰めると実はすべてがうそ。

 

 

パチンコで借金をし返済で家計が火の車になっていたそうです。話の内容が内密な話だったのでお人好しの私は誰にも話していませんでしたが、実は社内では他にも騙されてお金を貸した人が数人いました。

 

 

大問題となりその人は退職に追い込まれましたが、根はまじめな人だったので彼を昔からよくしてきた上司が間に入ってくれ、家族からお金を返してもらうことはできました。

 

 

一時はうかつにお金を貸してしまった自分の勉強代と思ってお金を諦めましたが、無事もどってきたことは本当に幸運でした。それからはたとえ家族や友人であっても絶対お金は貸さないと決めました。

 

借金返済の方法はあなたはどうやって学んでいますか?

 
おすすめの方法はこちらです。

 
借金 返済